生・乱杭歯・八重歯(歯並びがデコボコしている)

叢生とは?

叢生とは、歯並びがデコボコしている状態のことです。乱杭歯、八重歯も叢生の一種です。叢生は見た目に悪いことも問題ですが、デコボコしていることが原因で歯磨きがしにくく、磨き残しの状態になることが多いです。結果として、虫歯や歯周病の原因になります。

叢生の原因

叢生の原因は、さまざまなものがありますが主に顎の大きさが大きな要因となることが多いです。近年、食生活の変化により、顔の小さい、顎の小さいお子様が多くなっていますが、顎が小さいと叢生になりやすくなります。

歯の大きさは昔と同じで変わっていませんので、歯が収まる顎が小さいと歯列が収まりきらずに歯並びがデコボコになります。

叢生の治療法

叢生を治すには矯正治療が必要です。小児期の場合、体が成長しているので、顎の大きさや形を矯正することができ、抜歯をせずに歯並びをきれいにすることができることが多いです。お子様の歯並びが叢生の保護者の方は、早めに矯正治療を始めるメリットは大きいので、気になったら歯科医院に相談することをおすすめします。

成人の場合、顎の大きさを大きくすることは難しいので抜歯をして、歯と顎の大きさのバランスを調整して歯並びをきれいに並べることが多いです。健康な歯を抜くことに抵抗のある方がいますが、長期的にみると、抜歯して歯並びを整えることはメリットが大きいです。年齢を重ねたとき、歯周病などで歯を無くしてしまうリスクがあるからです。

矯正歯科治療ガイド【秋田県 医療法人宝樹会】