側矯正(マルチブラケット装置)

表側矯正(マルチブラケット装置)とは

ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーを引っ張る力で歯を移動させる、最もスタンダードな矯正治療の方法です。

表側矯正(マルチブラケット装置)のメリット・デメリット

メリット

  • 費用が安い
  • 適応症例が幅広い
  • 発音への影響が少ない

デメリット

  • 装置が目立つ
  • 口元の吐出感が少しある

表側矯正(マルチブラケット装置)の費用

表側矯正は最も安い矯正方法です。とにかく少しでも安く矯正治療したい方はこちらの方法を選択します。

コロナ禍でマスク生活が定着しています。見た目がデメリットだった表側矯正ですが、マスク生活で人気が高まってきています。

表側矯正のオプション費用

メタルブラケット

メタルブラケット

価格帯65~75万円

クリアブラケット

クリアブラケット

*透明で目立たない
価格帯70~80万円

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

*ワイヤー(針金)が白く、より目立たない
価格帯メタル、クリアに+3~5万円

Q&A

Q 表側矯正の治療期間はどのくらいでしょうか?

治療期間は早い方であれば1.5年で終わる方もいますが、平均的には2~2.5年です。長い方だと3年以上かかることもあります。
治療期間は、個人差があります。年齢、不正咬合の状態によって決まってきます。

Q 表側矯正は痛いでしょうか?

筋肉痛のような鈍痛を伴います。痛みを感じないという方もいますが、基本的に痛みは伴うものを思っていた方が良いでしょう。

Q 表側矯正をする人はどのくらいいるでしょうか?

表側矯正60%、裏側矯正10%、マウスピース矯正30%の割合です。表側矯正をする方が最も多いです。

Q 表側矯正を前歯のみすることは可能でしょうか?

前歯のみに表側矯正を行うことは可能です。ただし、全体的に矯正しないと、咬合が確立できないことがあります。その場合、さまざまな体の不具合を引き起こしますので注意が必要です。