側矯正(舌側矯正)

裏側矯正とは

裏側矯正とは歯の裏側に装置をつける矯正方法です。
舌側矯正と呼ばれたり、リンガル矯正と呼ばれたりすることもあります。

芸能人など矯正していることを絶対に他人に気付かれたくないという方が、この方法で矯正を選択しています。

裏側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 見えない

デメリット

  • 費用が高い
  • しゃべりにくい
  • 歯みがきが難しい(むし歯や歯周病の罹患リスクが上がる)
  • 裏側矯正ができる歯科医院が少ない(特殊な技術力を必要とする)

裏側矯正の費用

裏側矯正は、従来型の表側矯正やマウスピース型装置の矯正に比べて費用が高いです。費用を比較すると以下のような価格帯になります。

価格帯
表側矯正 70~90万円
マウスピース型装置の矯正 80~100万円
裏側矯正(舌側矯正) 95~130万円

裏側矯正は、他の方法と比べて

  • 材料費が高い
  • 技術料が高い(治療が難しいため)
  • 診察時間が長い

となっており、費用が高くなっています。

Q&A

Q 裏側矯正を安くする方法はありますか?

裏側矯正は、フルリンガル法とハーフリンガル法の2種類があります。ハーフリンガル法でしたら、費用を安く抑えて裏側矯正をすることができます。ただし、表側矯正やマウスピース矯正ほど安くすることはできません。

種類 違い 価格帯
フルリンガル法 上下の歯列ともに裏側に装置を付ける 110~120万円
ハーフリンガル法 上の歯列のみ裏側に装置をつける 95~115万円
Q 裏側矯正でできない症例はありますか?

基本的にありません。ただし、歯科医師の技量(得意不得意)があり、「裏側矯正でできない。」と言われることもあります。どうしても、裏側矯正で治療をしたい方は、裏側矯正が得意な歯科医師(歯科医院)を別途探す必要があります。

Q 裏側矯正と表側矯正で仕上がりの違いはありますか?

そのようなことが多少なりともあるのが現状です。ただし、裏側矯正を専門に行っているようなクリニックであれば、そのようなことはありません。医院探しの参考までに世界舌側矯正歯科学会の認定医リストをご紹介します。

こちらより検索してみてください。http://www.wslo.org/membership

Q 裏側矯正とマウスピース矯正のどちらにしようか迷っているのですが…

“見えない矯正”の選択肢である「裏側矯正」と「マウスピース矯正」。どちらにしたら良いのか?迷う人も多いようです。それぞれの違いについて比較すると以下のようになります。

裏側矯正 マウスピース矯正
価格帯 95~130万円 80~100万円
治療期間 変わらない
痛み 変わらない
見た目 完全に見えない 少し見える

何を重視するかは人それぞれですので違いを理解して、選択してみてはいかがでしょうか。