LOGO

療内容について

治療法・矯正器具

矯正治療は患者様個々人に合わせたオーダーメイドの治療です。
万人に当てはまる治療方法は無く、患者様の状況に合わせて装置を作成・調整することが必要となります。
当院では、患者様一人一人に合った治療プランを提案してまいります。

小児矯正の矯正

  • 歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)
  • 低年齢の受け口(反対咬合)の治療で使用する矯正装置です。

  • マウスピース型矯正歯科装置(トレーナー)
  • 低年齢の出っ歯(上顎前突)の治療で使用する、マウスピース型の矯正装置です。

  • チンキャップ
  • 下顎過成長による受け口(反対咬合)治療で使用する、下あごの成長を抑制する矯正装置です。

    成人矯正の矯正

  • マルチブラケット装置(表側矯正)
  • ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーを引っ張る力で歯を移動させる、最もスタンダードな矯正治療の方法です。

  • 舌側矯正
  • 矯正装置を歯の裏側につける方法です。外観からは装置が見えないのが特徴です。

    あなたの歯並びタイプは?

    叢生・乱杭歯・八重歯

    歯並びがデコボコしている

    反対咬合・下顎前突

    受け口

    上顎前突

    前歯が極端に出ている

    過蓋咬合・ディープバイト

    噛み合わせが深い

    正中離開・空隙熾烈

    歯の間に隙間が空いている

    開咬・オープンバイト

    前歯がうまく閉じられない

    Q&A

    Q 不正咬合の原因は何でしょうか?

    叢生は、歯が並ぶ場所の不足で起こります。一般に、顎の成長が悪かったり、歯が大きすぎると歯が並ぶ場所が足りなくなってしまいます。

    反対咬合(受け口)は、前歯の位置に問題がある場合や、顎の骨の成長に異常がある場合などに起こります。骨の成長の異常の原因については親からの遺伝の場合と、非常に少ないですが先天性の他の病気であることが考えられます。反対咬合は、成長が進むにつれて症状が著しく進行する場合がありますから、注意が必要です。

    上顎前突(出っ歯)は、前歯の位置に問題がある場合や、顎の骨の成長に異常がある場合などに起こります。慢性鼻炎など口で呼吸する癖がついている場合や下唇を上の前歯でかむ癖がある場合にも起こりやすく、遺伝や先天的な他の病気に原因がある場合もあります。

    開咬は、指しゃぶりや舌を出す癖が長い間続いた場合や、顎の骨の形の異常などで起こります。指しゃぶりは3歳くらいまでになくなれば、開咬を引き起こすことは少ないと言われています。舌を出す癖は、乳児期のミルクを飲む時の舌を前に出す動きが、成長しても消失せずに残ることが原因の一つとして考えられています。食事中に口元から舌がよく見えるようでしたら、舌の癖による原因を考える必要があります。

     

    Q 矯正治療の相談の時期はいつ頃がいいのでしょうか?

    反対咬合(受け口)など、顎の骨の異常による不正咬合や、将来顎の骨の成長に異常を起こす恐れのある不正咬合は、からだが成長している間は出来るだけ早く治療を開始したほうが良好な治療結果が得られます。不正咬合に気づいたら早めに専門医に相談することをお勧めします。

     

    Q 治療の大まかな期間を教えてください。

    治療を始める前にまず矯正相談を行い、おおまかな説明を受けていただきます。治療を希望される場合、さらに精密検査と診断を行い、原因や治療方法の説明をします。そしてさらに口腔保健指導を行った上で治療を開始しますので、実際に治療を開始するまでにおよそ1〜2週間お待ちいただくことになります。

    矯正治療に要する期間は、虫歯の治療と違って長い期間を必要とします。短くとも1〜3年、長い方では10年以上にわたる場合もあります。これは、患者さん自身の歯を動かす矯正治療の特徴でもあります。

    矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

    1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いです。
    2.歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
    3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
    4.治療中は、装置装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていた虫歯がみえるようになることもあります。
    5.歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなる事があります。また、歯茎が痩せて下がることがあります。
    6.ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
    7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
    8.治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
    9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
    10.様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
    11.歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
    12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
    13.装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
    14.装置が外れた後、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
    15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
    16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
    17.治療後に親知らずが生えて、凹凸が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨が痩せると、咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
    18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

    通常必要とされる治療内容と期間および回数

     小学生以下の場合、初回の矯正相談、検査および診断の後で、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)やマウスピース型矯正歯科装置(トレーナー)等の装置を用いた治療や、乳歯抜去等による永久歯萌出誘導を行います。治療期間は開始時期にも左右されますが、1~6年程度で、通院回数は10~30回程度となります。

    中学生以降の場合、矯正相談、検査および診断の後で、マルチブラケット装置を用いた歯の移動や、保定装置(リテーナー)による、移動した歯の後戻り防止のための保定治療を行います。 治療期間は、マルチブラケット装置が1~3年程度で、保定治療は2年以上必要となり、通院回数は20~40回程度となります。

    矯正料金

    矯正相談  :700円(初回のみ)
    検査・診断料:10,000~33,500円(初回のみ)
    施術料   :マルチブラケット装置を用いた矯正治療
     全体矯正 :400,000円
     部分矯正 :68,250~200,000円
    毎回の処置料および観察料:2,100~12,600円
    歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド):21,000円(検査・処置料別途)

    ※上記料金はすべて税抜き価格となります。