ウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

透明なマウスピースを付け外して歯並びをきれいにする方法です。マウスピースを使った矯正治療はさまざまなものがありますが、インビザラインは世界で最もシェアのあるマウスピース型矯正装置です。

*マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は薬機法対象外の矯正歯科装置であり医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット・デメリット

メリット

  • ほとんど見えない
  • 裏側矯正よりも安価
  • 口の中の違和感が少ない
  • 取り外しができる
  • 歯みがきがしやすい
  • 食事のとき装置を外すことができる

デメリット

  • 適応症が限られる
  • 20時間以上装着しないといけない
  • 自己管理が必要

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の費用

価格
マウスピース型矯正装置(インビザライン) 605,000円
マウスピース型矯正装置(インビザラインGoシステム)*前歯部 440,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン・ファースト)*乳歯・永久歯混在期 440,000円
マウスピース型矯正装置 調整料(診察料) 5,500円
リテーナー(全顎) 33,000円

Q&A

Q インビザラインを付けたまま飲食しても大丈夫でしょうか?飲酒はどうでしょうか?

インビザラインを装着したまま飲食をするのはお勧めできません。

  • コーヒーなどが着色する
  • 固いものを嚙んだ際に装置が壊れる
  • アルコールなど糖分でむし歯になりやすくなる

ということが考えられます。水分補給のためにインビザラインをつけたまま水を飲むくらいであれば大丈夫です。

Q 出っ歯もインビザラインで治るでしょうか?

出っ歯の場合、インビザラインで歯並びがきれいになる可能性は低いです。最終的な診断はお口の中を拝見してみないと分かりませんので歯科医院を受診してください。

Q インビザラインは、新しい治療法のようですが安全性は大丈夫でしょうか?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は米国アラインテクノロジー社を通して入手しています。米国FDAの認証をうけており、世界100カ国以上でこれまでに800万人を超える症例実績があります。

Q インビザラインで失敗することはありますか?

インビザラインで失敗することはあります。失敗する要因はインビザライン自体に問題があるのではなく、患者さんが装置を1日20時間以上使用しなかったり、歯科医師の治療計画の不備によるものが多いです。つまり信頼できる歯科医院で治療を受けて、装置を歯科医師の指示通りに使用していれば失敗することは基本的にありません。

Q インビザラインの費用がクリニックによって異なるのはなぜですか?

インビザラインは保険がききません。むし歯などの保険治療は全国一律ですが、保険適応外の自由診療はクリニック毎に費用を決めることができます。よって、高いところもあれば、安いところもあります。