咬・オープンバイト(前歯がうまく閉じられない)

開咬・オープンバイトとは?

上の前歯が下の前歯に約2㎜ほど覆い被さっているのが正常な状態ですが、開咬の場合、上と下の歯の間に隙間ができてしまっています。

歯並びがデコボコしているわけでもなく、また、上顎前突(出っ歯)のように前に出ているわけでもないので何も問題ないと勘違いしている方もいらっしゃいますが、開咬は不正咬合です。放置しておくと、将来的に(特に)奥歯を失ってしまう可能性があります。

開咬・オープンバイトの原因

幼少期に、指しゃぶりの癖があったり、舌で前歯を押す癖があったりすると開咬を引き起こします。

開咬・オープンバイトの治療法

開咬の矯正治療は、MFT(筋機能訓練)と矯正治療の両方によるアプローチをすることが多いです。それは、開咬の原因となった悪習癖を取り除かないと、長期的な安定が見込めないからです。

矯正歯科治療ガイド【秋田県 医療法人宝樹会】