顎前突(前歯が極端に出ている)

上顎前突とは?

上顎前突とは、上の前歯が下の前歯よりも極端に前に出ている状態です。上の前歯は下の前歯よりも前に出ていますが、出過ぎていると様々な支障をきたします。上顎前突は、口を閉じにくくなるため、口腔内が乾燥し、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

上顎前突の原因

遺伝的に、上の顎が大きいと上顎前突(出っ歯)になりやすいです。また、指しゃぶりなどの癖があり、常に上の歯を押していると力が作用して上顎前突になります。

上顎前突の治療法

上顎前突の矯正治療では、多くの場合、歯を抜いて矯正治療を行います。出ている歯を後ろに引っ込めるには、その分のスペースが必要になります。そのスペースを作るために、歯を抜き空いたスペースに歯を動かします。

歯を抜かずに、歯列を横に広げて前歯を後ろに下げる方法を取ることもあります。歯を抜くことに抵抗があり、横に広げる方法を希望する方もいますが、この場合、引っ込めることができても咬み合わせが崩れてしまうことがありますので注意が必要です。

矯正歯科治療ガイド【秋田県 医療法人宝樹会】